ホームスタッフブログ > 住まい方から考える近藤流家づくりのポイント!

STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ

住まい方から考える近藤流家づくりのポイント!

住まい方アドバイザー 近藤 典子さんの

収納セミナーに参加して参りました。

さすが

メディアに多数出演されているので

お話が上手です。

 

3つの間が大事だということです。

空間・・・収納を有効活用する、モノが上手に使えるようにする。

時間・・・動線を考える、心の余裕が生まれる。

人間・・・見え方を意識する、視線(見せる・隠す)ことにより心が落ち着く。

 

モノはしまい込むことではなく、使う場所に、

使うものを、使いやすくしまう。

 

非常にシンプルですね。

 

クローゼットに入れるプラスチック収納は

キャスター付きを選ぶことが必須だそうです。

ほこりもたまるし、掃除もしやすく、便利とのこと。

 

隙間なくプラスチック収納を積み上げることがいいと思ってました。

勉強になります。

 

リビングは、収納、動線をしっかり考えれば、

狭くしても広く使うことができる。

 

空間をつくる上で、

収納(暮らしやすい家)を

つくる必須部分ですね。

 

最近は、キッチンは対面みたいなことが主流ですが、

それも使い方によっては、

否定した考え方を持たなければいけませんね。

すべてが、対面とは限らない。

 

生きる・・・世の中に対して意識を持つ。

暮らす・・・衣・食・住に対して意識を持つ。

 

意識を持たなければ、変わらないということですね。

 

これからは価格競争から質の時代!!

ニーズからシーズへ

 

消費者が求めていることから、

新しい価値を想像して、

自ら市場をつくっていく。

 

求められていますね。

 

mics interior coordinator nishikaze


ページトップへ