ホームスタッフブログ > シェードカーテンは内付と外付どちらがいいの?

STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ

シェードカーテンは内付と外付どちらがいいの?

シェードカーテン

昇降機を使用して生地を上下するスタイルカーテンのひとつです。

絵を飾ってるように見えて

素敵なカーテンスタイルです。

実際にシェードカーテンを取付したお客様も

これからシェードカーテンを取付しようと思われている方も

窓枠に対して

内側に取付したほうがいいのか

それとも外側に取付したほうがいいのか

迷うのではないでしょうか。

内付けした場合は、

壁から出ないため、見た目がすっきりみえます。

両サイドに隙間が少し空くので光漏れの原因に。

外付けの場合は、

窓枠より大きく作りますので

隙間が空かなくて、光漏れを抑えることができます。

シェードを上まであげたときには、

たまりが20cmほどできます。

内付だと

窓を20cm隠してしまいます。

高さがない窓などは、

光が入りにくくなってしまいますのでご注意を。

こちらの写真のように

メカは内側に入ってますが、

生地は外側に光漏れを抑えるように作ったシェードもあるんです。

このように特殊加工をして

スッキリさせながら、光漏れを抑える。

いろいろな

スタイルにも対応できます。

裾にビーズを取付してもかわいくていいですよ!!

窓のサイズ、カーテンスタイルなど

要素を踏まえて、

上手にシェードカーテンをコーディネートしてみてください。

mics interior coordinator nishikaze


ページトップへ