ホームスタッフブログ > レールのついてない窓にカーテンつけたい場合どうやって測ればいいの?

STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ

レールのついてない窓にカーテンつけたい場合どうやって測ればいいの?

みなさん こんにちは

ネットでも、カーテンの採寸方法が明記されています。

カーテンレールのついている場合の採寸方法が書かれていることが多いと思います。

カーテンのかけかえであれば

レールの幅+3%~5%。

長さは、レールのカーテンを引掛ける位置からほしい長さまで。

が通常です。

しかし、カーテンレールがついていない新築や

何もつけていなかった場所に新たにカーテンをという場合はどうしたらいいのかわからない。

という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、

私たちインテリアコーディネーターが採寸する場合の方法をお伝えいたします。

窓の実寸を測ります。

窓の内側の幅と高さ。

続いては、窓の上から天井まで。

そして、窓台下から床まで。

ヒーターなどがあるとその高さも測ります。

このように管が見えている場合は、後にヒーターがつくので

そこも考慮にいれて考えます。

窓の横に壁などがある場合は、

壁までの寸法も測ります。

そして、最後は窓の奥行きも忘れずに測ります。

網戸などがつく場合がありますので大事な部分です。

そして、すべての寸法をメモしておきます。

そうすると、

例えば、カーテンからブラインドまたはロールスクリーンなど

スタイルを変更したいと思ったときに、

その都度採寸をするのは大変です。

その為のすべての実寸を測るのが大事です。

実寸はミリまで測ります。

これさえあればどこでもカーテンを作れます。

参考にしてみてください。

mics nishikaze


ページトップへ